--


-- --
貸切バス
--
--
--
-- 信南交通株式会社は2015年9月15日、(社)日本バス協会「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の更新審査にて三つ星の認定を受けました。

【貸切バス事業者安全性評価認定制度とは】
●制度の目的
貸切バスの利用者にとって、どの貸切バス事業者が安全性に対する取組みを適切に行っているか分かりにくい状況にあることから、貸切バス事業者の安全性に対する取組状況、事故や行政処分の状況等を評価し、認定・公表することで、利用者に対して事業者の安全性を「見える」ものとすることにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択する際の指標となり、貸切バス事業者の安全性向上に資するとともに、貸切バスの健全な発展を図ることを目的としています。

●評価認定の対象
一般貸切旅客自動車運送事業者(貸切バス事業者)

●評価認定の方法
評価認定は、貸切バス事業者からの申請に基づき、申請事業者の安全性に対する取組状況等についての認定基準への適合性について、日本バス協会において書面及び訪問審査を行い、学識経験者、有識者、国土交通省、日本バス協会により構成される「貸切バス事業者安全性評価認定委員会」において決定されます。

●シンボルマークについて
認定を受けた貸切バス事業者に対しては、バス車両貼付用の「SAFETY BUS」シンボルマーク(下図参照)のステッカーが交付されます。シンボルマークの星の数は初年度は1つ、2年ごとの認定審査の際、取組状況により星が追加され、最高は3つ星となります。

シンボルマーク -- 認定番号 : 15-022

(社)日本バス協会 「貸切バス事業者安全性評価認定制度に基づく貸切バス事業者の認定について」 より抜粋しています。
PAGE TOP


--
--
Copyright(c)2003 Shinnan Koutsu Corporation. All Rights Reserved.